婦人科検診関連まとめサイト

婦人科検診関連まとめサイトのご紹介

婦人科検診の検査内容とは


婦人科検診の検査内容とは

婦人科検診の検査項目としては、子宮がん検診と乳がんの検診、超音波検診、感染症の確認などが主な検査内容になります。
子宮がんは近年では20代での発病が増加傾向にあるため、海外では定期的な健診を受ける人が非常に多いです。ここ最近の研究で子宮がんの原因がヒトパピローマウィルスであることがわかり、治療に生かされてきています。
日本でも年間に一万を超える人数が子宮がんを罹患していて、その内の3500人近くが子宮がんが原因で死亡しています。
30台が子宮がん発生のピークと言われていますが、高齢になっても発生する可能性は十分ありますので定期的な婦人科検診を受けるようにしましょう。
乳がんも早期の発見で適切な治療が行えればほぼ100%の確率で改善しますので、なるべく検査を受けることをお勧めします。
超音波検査では超音波検査用の器具を膣内に入れることで子宮奇形や子宮筋腫、子宮の後屈、卵巣がん、卵巣嚢腫などの診断を行います。感染症も非常に増えていますのでコンドームなどの使用を心がけましょう。

婦人科検診の内容

一般的な健康診断の他に、女性だけが受ける検査を婦人科検診と言います。婦人科検診では乳癌検診と子宮癌検診を受けることになります。
健康診断とは違って乳房や子宮の検査を行うため、敬遠する女性が多いことは事実です。しかし、癌が進行してから見つかったのでは遅いですから、一年に一回は検診を受けるようにしましょう。
これまで一度も受けたことがない方は、どのような内容の検査か分からないかもしれませんね。乳癌検診ではマンモグラフィーという検査を受けます。通常のⅩ線検査とは違い、乳房の検査専用の医療機器です。機械が乳房を片方ずつ挟んで撮影します。少しずつ薄く伸ばしていきますが、最終的にはかなり強い力で押さえ付けるため強い痛みを感じます。周囲から痛いという話は一度位は聞いたことがあると思いますが、一回受けてしまえば次からは抵抗なく受けられるようになるでしょう。
子宮癌検診に関しては、出産経験のある方なら妊娠中に一回は受けているでしょう。

 

婦人科検診なら総合健診センターヘルチェックレディース横浜で決まり!