RSS

婦人科検診に関するお役立ち情報特集


婦人科検診に関するお役立ち情報特集

まだ婦人科検診を受けたことない方もいると思います。
しかし宮頸がんは性行為の経験がある女性であれば、その原因となるニトぺパローマウィルスに感染している可能性がありますし、それ以外の性感染症が発生している可能性もあります。子宮がんについては近年だと20代くらいの若年層でも症例が多くみられるようになっていますし、年を重ねれば重ねるほど子宮内膜症になる可能性も高まってきます。このように性行為の経験がない場合においても発生する疾患はあります。例えば乳がんなどもその一つです。他の疾患と違い乳がんは早期に発見でき、適切な内容の処置は行われれば、ほぼ100%の確率で解消できるので、乳首の位置がおかしかったり、生理周期が乱れたりなど異常がかんじられたらなるべく婦人科検診を受けるようにしましょう。経験がない方は婦人科でどのような検診が行われるかわからず不安に思う事もあると思いますが、予約などの際の連絡時にしっかりと確認すれば痛いようなものはほとんどないので安心できると思います。

婦人科検診知っとく情報まとめ

婦人科検診とは、乳がんや子宮がんなど、女性特有の病気を調べるための検査です。
子宮の検査では、内診をして子宮頸部や膣内部に出血やびらんがないかを調べます。さらに、細胞診のために子宮頸部の細胞を綿棒などで採取します。経膣超音波検査では、子宮頸がん、子宮体がん、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの有無を調べます。
乳房の検査には、乳房を片方ずつ機械に挟んでX線撮影をするマンモグラフィ検査と、乳腺超音波検査があります。マンモグラフィ検査は、乳房から脇の下のリンパ節にかけて、しこりの有無や大きさを調べます。マンモグラフィ検査にはっきり映らないしこりがあっても、超音波検査ではとらえることができます。
婦人科検診は、人間ドックのオプションとして申し込むほか、自治体の健康診断を利用する方法があります。ほとんどの自治体では、20歳以上の子宮頸がん検査、40歳以上の乳がん検査を推奨しており、費用の割引も行われています。
ライフスタイルの変化にともなって、女性特有のがんにかかる人の数は増えていますが、乳がん・子宮がんは早期発見の場合には治癒率が高いのが特徴です。積極的に婦人科検診を受けるようにしましょう。

婦人科検診の施設をマーソで探そう

 

コメントは受け付けていません。